公立保育園の保育士の求人情報を手に入れるには

保育士として働く場合には、2つの方法があります。1つ目は民間の保育園で保育士として働くこと、もうひとつは公立の保育園で地方公務員として働くことです。



待遇の悪さが社会問題となるほど厳しい職業である保育士ですが、公立の保育園で働く人は地方公務員になりますので、身分は安定し、収入も民間より上になることがほとんどです。

移動があるなどのデメリットもありますが、生涯を通じて子どもにかかわる仕事をしたい人や、結婚後も仕事を両立させたい人は地方公務員として働いたほうがメリットが大きいでしょう。

ただ民間の保育園で働く場合と異なり、公立保育園としての求人情報はどこでも手に入るわけではありません。

まず何よりも公務員試験に合格することが必要になります。


保育園が所在する地方自治体の採用試験に合格し、採用候補者登録名簿に登録されて初めて、公立の保育園で働ける可能性がでてくるのです。公務員試験の日程など詳細については、各自治体のホームページや広報誌で確認することができます。

インターネット上には全国各地の公務員試験の情報を掲載しているサイトもありますので、そちらを参考にしてもいいでしょう。このように公務員の保育職として働くためには、一般的な求人情報を参考にすることはできません。



また試験に合格して採用候補者名簿に登録されたとしても、欠員などで保育園側から申し出、つまり求人がでるまでは就職することはできないのです。さらに保育職としての採用ですので、保育園以外の施設、たとえば自治体が運営する児童福祉施設などで働くことになる可能性もあります。

東京新聞サイトを見つけることができました。